家を購入したのはいいけれど、購入したあとに生活環境が大きくかわり、住宅ローンがどうしても支払えなくなってしまった…となれば、家を手放すしかなくなってしまいます。住宅ローンが滞納してしまうと、その物件は競売にかけられてしまいます。でも、競売にかかるのを待つだけ…ではなく、まだできることがあるはず。それが任意売却というものです。競売というのは非常に安い金額で家を手放さなくてはならなくなりますので、もちろん後には残りの住宅ローンを支払う義務が発生します。任意売却であれば、自分が理想とする金額で売却も可能ですから、ある程度住宅ローンの残りも少なくなるでしょう。

任意売却を希望するならば、できるだけ早く行動に移しましょう。大体手続きには長くて半年ぐらいかかりますが、債権者の同意が得られていると、任意売却をするまでの期間はその物件に住み続けることもできます。

まず始めることは、早く任意売却を手伝ってくれる業者に相談をすることです。自分だけで任意売却をするというのは難しいですから、すぐに依頼しましょう。そして任意売却を債権者が納得してくれれば、ついに任意売却の手続きを始められます。最後の最後でもまだできることがありますから、任意売却を考えてみてください。